川端株式会社TOP>本染め手拭い/注染手拭い

本染め手拭い・注染手拭いの作成

本染め手拭いは昔ながらの伝統ある染色方法により染められております。使い込めば使い込むほどに色が滲んでゆき、それにより手拭の味がでてきます。また、1枚1枚職人の手で染め上げられますので、それぞれに違った顔を持っています。

本染め手拭い
目次

別注本染め手拭・注染手拭の概要

  • 本染め手拭いは昔ながらの注染という技法で染めた裏表が同様に染まった手拭いです。
  • 最低6反よりオリジナルの注染手拭いを作ることが出来ます。
  • 数色を使用したデザインでも1つの版で作成が可能です。
  • 用途に応じて生地や長さをお選び頂きます。
  • デザインはデータ入稿の他、紙媒体での入稿や和紙への毛筆での文字等でも対応致します。

オリジナルプリント手拭いはこちら

本染め手拭いの注意点

注染手拭いは昔ながらの技法で1枚1枚職人の手で染めて行きます。それゆえ、入稿デザインとの違いや仕上がり商品ごとの違いも出てきますので、ご了承頂いた上での作成をお願い致します。下記に注意点をまとめました。

価格についての注意点

染めについての注意点

生地についての注意点

手拭いの端部写真手拭い切りっぱなし端部
手拭いの端部とミミの写真端部切りっぱなしとミミ

版についての注意点

本染め手拭のデザインについて

基本的なデザイン
本染め手拭いのデザインの最低限の太さは約3㎜程度です。それ以下の場合にはにじみによりデザインが潰れたり染まらなかったりする場合が御座います。
最低限の文字の大きさは、画数の多い文字は約25㎜角、画数の少ない文字の場合でも15㎜程度となります。
版の作成も手作業の為、細かい部分が再現できない場合が御座います。また、シャープな角のデザインは染まりづらい為、若干丸みを帯びた仕上がりとなります。
色数は4色程度までは可能ですが、色同士の間には20mm以上の余白が必要となります。また、何色かの色同士が近い場合等、染めが難しい場合には単価が高くなります。
デザインが複雑であったり広範囲の場合には版の作成費用が高くなります。
端部にかかるデザイン
デザインが端部にかかる場合には滲みや汚れの原因となります。
ミミにかかる場合には生地の段差により滲みがでます。
端部の生地カット部分の染めの場合には染めの折り返し部分となりますのでデザインが崩れます。またカット時にも手拭いごとにカット位置が若干ずれますので、考慮の上デザインを制作してください。
違う色同士の近接について
基本的には色と色の間には20mm程度以上の余白(差し分け)が必要となります。デザイン区分けに関わらず、差し分けの量により単価が変わってきます。
色と色が接触している図案の場合には2回染もしくはクレア染となり、単価がかなり変わってきます。デザインを確認後見積もりさせて頂きます。
色のぶつけについて
色同士が接触していてもその色同士が混ざってもよい場合には染色可能です。その場合には手拭い1枚1枚で色の混ざり具合により仕上がりが変わります。ベタ染めでの色のぶつけは染料が多くなり、コントロールが難しいため、仕上がりにムラが出来ます。また、ぶつける色同士の相性もありますので、注意が必要です。
水ぼかし(グラデーション)の対応も可能ですが、費用が変わってきます。デザインにより可否もございますので、デザインとともにご相談下さい。
データ入稿について
イラストレータでの入稿の他、以前作られた実物や紙媒体もしくは書道や簡単な絵の場合でも入稿も可能です。
イラストレータでの入稿の場合には、簡単な修正であれば弊社にて本染め可能なデザインまで修正致します。
版の作成は手彫りですので、確認頂いた最終入稿デザインから若干の違いがでることはご了承下さい。特に細かい部分などは、職人の判断で版の修正をしたり、染めの段階でも染まらなかったり滲んだりする場合が御座います。
上記に関わらず、デザインにより作成が難しい場合には個別に修正を依頼する場合が御座います

本染め手拭いの柄と簡易説明

本染めの手拭いは染めの範囲により大まかに分類されます。それにより大まかに単価分けが可能です。但し、染めの範囲以外に色や色数、その分布の仕方や生地種類により単価が変わってきます。

一般柄手拭い

①普通柄

①普通柄手拭い白地中柄

価格種別【A】

白地で端部にかからない簡易柄デザインの手拭い。デザイン範囲は全体の1/4程度まで。

②普通柄手拭【大】

②普通柄大

価格種別【A~B】

①普通柄のデザイン範囲が1/2程度となったもの。デザインや染めの量にて価格が【A】~【B】になる。

③四方白地総柄手拭

③四方白地総柄手拭い

価格種別【B】

②普通柄【大】よりデザイン範囲が広くなったもの。手拭い端部は四方に5㎝程度の余白が必要。デザインは基本的に白ベースのみ。

④総柄手拭

④総柄手拭

価格種別【B~C】

端部にかかる手拭い全体へのデザインで、基本的に白ベースのもの。染めが多い場合には1/3ベタ染めの扱いとなる。

⑤白地妻柄手拭

⑤白地妻柄手拭

価格種別【B】

白地の手拭いで一部のみが端にかかるデザイン。デザイン部は、基本白ベースのもの。

⑥白地ベタ妻柄手拭

⑥白地ベタ妻柄手拭

価格種別【C】

⑤と同様に白地の手拭いで一部のみ端にかかるデザインのもの。デザイン範囲は1/4程度で、ベタ染めかベタ染めに準ずるデザインが可能。

⑦白地通し柄手拭

⑦白地通し柄手拭

価格種別【B】

基本白地の手拭いで、上部もしくは下部に通しで1/3程度の範囲のデザインの入っているもの。デザイン部分はベタ染めのない基本白地のデザイン。

⑧ベタ通し柄手拭

⑧ベタ通し柄手拭

価格種別【C】

⑦同様通しのデザインの手拭。デザイン部分はベタ染めかベタ染めに準ずるデザインが可能。

⑨1/3ベタ柄手拭

⑨1/3ベタ柄手拭

価格種別【C】

端部までのデザインの有無にかかわらず、ベタ染めの部分が面積比で概ね1/3以上ある場合。

⑩1/2ベタ柄手拭

⑩1/2ベタ柄手拭

価格種別【C】

端部までのデザインの有無にかかわらず、ベタ染めの部分が面積比で概ね1/2程度ある場合。2色以上は基本的にベタ差仕分けとなる。

⑪2/3ベタ柄手拭

⑪2/3ベタ柄手拭

価格種別【D】

端部までのデザインの有無にかかわらず、ベタ染めの部分が面積比で概ね2/3程度ある場合。2色以上はベタ差仕分けとなる。

⑫ベタ柄手拭

⑫ベタ柄手拭

価格種別【D】

全体を単色で染めて白抜きでデザインを表現する手拭い。指定の色によって価格が大きく変わる場合もある。

⑬ベタ柄手拭差し分けあり

⑬ベタ柄手拭差し分けあり

価格種別【E】

全体をベタで染めていてかつベタ部分に別の色を差している簡易柄のデザイン。色と色の間には白地(10~20㎜)が必要。

特殊柄手拭い【難柄】

⑭ベタ柄手拭差し分け【難柄】

⑭ベタ柄手拭差し分け【難柄】

価格種別【G】

上記同様全体をベタで染めていてかつベタ部分に別の色を差している場合のデザインであるが、色ごとの位置が近い、色数が多い、糊土手部分が狭い、デザインが細かい等染め難易度が高い場合にはこちらとなる。

⑮クレアーのせ(差し)

⑮クレアーのせ(差し)

価格種別【F】

淡色で生地を染めた上にデザインをのせる染め方。生地の染め色と柄の色が接したデザインが可能。

⑯クレアー抜き

⑯クレアー抜き

価格種別【F】

クレアー染めをしたあとに不要な部分を脱色する方法。脱色した部分は完全には色は抜けず、白系統の色となる。

⑰クレアー抜き差し

⑰クレアー抜き差し

価格種別【G】

クレアー染めをしたあとに不要な部分を脱色し、その上で抜き部分にデザインを乗せる方法。

⑱2回染め

2回染め

価格種別【//】

1枚の手拭いに対し2つの版を作成し、2回染める方法。デザインの自由度は格段に上がるが、染め費用は2回分かかる。

本染め手拭い価格表

下記に価格表を記載しておりますが一般的な柄、染めでの価格ですのであくまで参考としてお考え下さい。別注本染め手拭はデザインによりかなり価格が変わります。

下記価格表は総理生地90㎝、簡易デザインで淡色を使用した場合のものとなります。

2020/7/1価格改定

本染め別注手拭い(総理生地/34×90㎝/裸)価格表
料金種別110本~220本~330本~550本~
A358円 258円246円 225円
B②③④⑤⑦385円 278円265円 243円
C⑥⑧⑨⑩452円320円306円 275円
D⑪⑫484円409円386円 351円
E508円433円414円395円
特殊柄
料金種別110本~220本~330本~550本~
F⑮⑯650円420円410円390円
G⑭⑰670円450円435円420円
ベタ染めで金額の変わる特殊色
濃赤色濃緑色/緑色濃青色濃紫色/紫色濃黒色/特色黒
     

別注手拭一覧

手拭一覧表(価格は220本作成時)
四方白地総柄手拭い

②四方白地総柄

価格278円/1本・裸 型代23,000円

普通柄手拭い白地中柄2

①普通柄

価格258円/1本・裸 型代18,000円

④本染め白地総柄手拭い

④本染め白地総柄手拭い

価格278円/1本・裸 型代36,000円

地染(べた染め)本染め手拭

⑫地染(べた染め)本染め手拭

価格409円/1本・裸 型代36,000円

ベタ本染め差仕分けあり

1⑬ベタ本染め差仕分けあり手拭

価格433円/1本・裸 型代23,000円

2回染め本染めベタ手拭

ベタ染め難柄本染め手拭/2回染め

価格780円/1本・裸 型代28,000円×2型

2回染め本染めベタ手拭2

ベタ染め難柄本染め手拭/2回染め

価格580円/1本・裸 型代23,000円×2型

手拭いの端部について

手拭いは基本的にすべて端部は切りっぱなしとなります。また、カット部分は若干のゆがみ等もでる場合が御座います。

端部の縫製を希望の場合
手拭いは上記の通り通常は切りっぱなしとなりますが、ご希望により、端部を縫製することも可能です。端部縫製は100枚以上より1枚30円にて手拭い両側端部をメロー縫いをさせて頂きます。100枚未満でも対応可能ですが、一律3,000円を頂戴致します。(税別)

手拭いの御挨拶用の加工について

手拭いの挨拶用の加工ではのし1本入れ加工(のし巻加工)やのし巻ポリ袋入れ加工が一般的です。

のし紙掛けポリ袋入れ加工のし紙掛けポリ袋入れ加工
のし1本入れ加工/一般のし1本入れ加工/一般
手拭いの加工写真のし1本入れ加工/長
のし掛けポリ袋入れ加工
のし紙を掛け、ポリ袋入れまでの加工となります。のし紙には黒1色にて「頭書き」と「名前(社名)」を印刷致します。基本的にのし紙は赤棒切手判を使用しておりますがご希望が御座いましたら変更も可能です。袋は透明度の高いOPP袋(125*250㎜)を使用致します。
のし1本入れ(のし巻き)加工
手拭いにのし紙を巻き裏で留める加工方法となります。のし掛けポリ袋入れ加工同様にのし紙には黒1色にて「頭書き」と「名前(社名)」を印刷致します。基本的にのし紙は赤棒切手判を使用しておりますがご希望が御座いましたら変更も可能です。
袋入れ加工
手拭いを透明ポリ袋に入れる加工となります。袋は透明度の高いOPP袋(125*250㎜)を使用します。

手拭いの加工の詳細はこちら

手拭いの納期について

初回作成の場合の納期は裸納品の場合、約40日間となります。再注文等、版がある場合は約4週間程度となります。手拭いを挨拶用に加工する場合には上記の納期に5~10日程度を見て下さい。11月12月は繁忙期となりますので、上記納品予定より約10~20日程度、納期に余裕をもってください。

関連性の高いページ

Information

Copyright2011 Kawabata,Inc. All Right Reserved