川端株式会社TOP>本染め手拭い/注染手拭い

本染め手拭い・注染手拭いの作成

本染め手拭いは昔ながらの伝統ある染色方法により染められております。使い込めば使い込むほどに色が滲んでゆき、それにより手拭の味がでてきます。また、1枚1枚職人の手で染め上げられますので、それぞれに違った顔を持っています。

本染め手拭い
目次

別注本染め手拭・注染手拭の概要

オリジナルプリント手拭いはこちら

本染め手拭いの注意点

注染手拭いは昔ながらの技法で1枚1枚職人の手で染めて行きます。それゆえ、入稿デザインとの違いや仕上がり商品ごとの違いも出てきますので、ご了承頂いた上での作成をお願い致します。下記に注意点をまとめました。

価格についての注意点

染めについての注意点

生地についての注意点

手拭いの端部写真手拭い切りっぱなし端部
手拭いの端部とミミの写真端部切りっぱなしとミミ

版についての注意点

本染め手拭のデザインについて

基本的なデザイン
本染め手拭いのデザインの最低限の太さは約3㎜程度です。それ以下の場合にはにじみによりデザインが潰れたり染まらなかったりする場合が御座います。
最低限の文字の大きさは、画数の多い文字は約25㎜角、画数の少ない文字の場合でも15㎜程度となります。
版の作成も手作業の為、細かい部分が再現できない場合が御座います。また、シャープな角のデザインは染まりづらい為、若干丸みを帯びた仕上がりとなります。
色数は4色程度までは可能ですが、色同士の間には20mm以上の余白が必要となります。また、何色かの色同士が近い場合等、染めが難しい場合には単価が高くなります。
デザインが複雑であったり広範囲の場合には版の作成費用が高くなります。
色と色の接触
基本的には色と色の間には20mm程度以上の余白(差し分け)が必要となります。
色と色が接触している図案の場合には2回染もしくはクレア染となり、単価がかなり変わってきます。デザインを確認後見積もりさせて頂きます。
色同士が接触していてもその色同士が混ざってもよい場合には染色可能です。その場合には手拭い1枚1枚で色の混ざり具合により仕上がりが変わります。
データ入稿について
イラストレータでの入稿の他、以前作られた実物や紙媒体もしくは書道や簡単な絵の場合でも入稿も可能です。
イラストレータでの入稿の場合には、簡単な修正であれば弊社にて本染め可能なデザインまで修正致します。
版の作成は手彫りですので、確認頂いた最終入稿デザインから若干の違いがでることはご了承下さい。特に細かい部分などは、職人の判断で版の修正をしたり、染めの段階でも染まらなかったり滲んだりする場合が御座います。

本染め手拭いのデザインによる区分け

本染めの手拭いは染めの範囲により大まかに分類されます。それにより大まかに単価分けが可能です。但し、染めの範囲以外に色や色数、その分布の仕方や生地種類により単価が変わってきます。

本染め手拭い柄区分け
本染めの区分けに対する補足
①中柄は白地ベースでデザインが端部にかかっておらず、生地に対する染め範囲が50%未満かつベタ部分の無いもの。
②妻柄は白地ベースで1か所のみ染めが端部角まであるデザインのうち、ベタ部分なく染めの範囲も2~3割程度のもの。
③通し柄は白地ベースで上部もしくは下部の5割程度に端部までデザインが入り、ベタ部分のないもの。
④半ベタ染めは白地ベースで上部もしくは下部の5割程度をベタのデザインで染めたもの。
⑤総柄は白地ベースで全体に柄があり、そのデザインにベタで染めた部分がほぼ無いもの。
⑥ベタ染めは生地全体を1色で染め、デザインは白抜きで表現したもの。
⑦ベタ差し分けは生地全体の染めをしながら差し分けにより色を変えたデザインを入れたもの。

本染め手拭い価格表

下記に価格表を記載しておりますが一般的な柄、染めでの価格ですのであくまで参考としてお考え下さい。別注本染め手拭はデザインによりかなり価格が変わります。

下記価格は総理生地90㎝、1色染もしくは簡易デザインでの2色染めで淡色を使用した場合となります。

2018/4/24価格改定

本染め別注手拭い(総理生地/34×90㎝/裸)価格表
商品100本~200本~300本~500本~1000本~1500本~
中柄 358円 258円246円 225円204円196円 
妻柄/通し柄385円 278円265円 243円224円213円 
総柄/半ベタ染452円320円306円 275円253円241円
地染・ベタ染484円409円386円 351円 325円 313円
地染・ベタ染
差し分け有り
508円433円414円373円346円337円
ベタ染めで金額の変わる特殊色
濃赤色濃緑色/緑色濃青色濃紫色/紫色濃黒色/特色黒
     

別注手拭一覧

手拭一覧表(価格は200本作成時)
通常柄(中柄)本染め手拭

価格265円/1本・裸 型代18000円

価格265円/1本・裸 型代15000円
総柄本染め手拭

価格320円/1本・裸 型代23000円
地染(べた染め)本染め手拭

価格455円/1本・裸 型代28000円

価格400円/1本・裸 型代19000円
こだわり本染め手拭

価格780円/1本・裸 型代18000円×3型

価格580円/1本・裸 型代16000円×2型

御挨拶用の最終加工について

手拭いの挨拶用の加工ではのし1本入れ加工(のし巻加工)やのし巻ポリ袋入れ加工が一般的です。

のし紙掛けポリ袋入れ加工のし紙掛けポリ袋入れ加工
のし1本入れ加工/一般のし1本入れ加工/一般
手拭いの加工写真のし1本入れ加工/長

のしポリ入れ加工の詳細はこちら

手拭いの納期について

初回作成の場合の納期は裸納品の場合、約40日間となります。再注文等、版がある場合は約4週間程度となります。手拭いを挨拶用に加工する場合には上記の納期に5~10日程度を見て下さい。11月12月は繁忙期となりますので、上記納品予定より約10~20日程度、納期に余裕をもってください。

本染め手拭いの歴史や工法について

本染め手拭の歴史や作成について興味があればご覧下さい。

折付注染
現在、手拭染に用いられる注染は、生地を手拭の長さに折りたたみながら糊置きをしたものを染台に写し、上から染料を注ぎ込むことによって一度に数十枚を染める方法で、折付注染ともいわれます。糊置きに使用する型紙の大きさが、手拭いサイズの中型であるため、折付中形、注染中形、手拭中形など、様々な名称があります。
この染色法をさして注染という呼称が一般化したのは昭和17年以降のことで、それまでは注ぎ込み染、あるいは注ぎ染と呼ばれていたようです。
折付注染がいつどこで考案され、普及したかについては、確かな史料がなく、推定してゆくほかありませんが、明治のかなり早い時に開発され、明治20年頃には普及していたと考えられています。
折付注染の技法工程
手拭染は、その工程のかなりの部分が機械化されたとはいえ、基本的にはほとんど手工の職人芸にたよっています。以下は一般的な手拭染工程です。
①晒木綿の疋をタタミから丸巻に直す。巻き取り機械にかけられるとシワもとれる。晒木綿の品質は、岡(30番手)を最高とし、文(20番手)を次としている。
②イタバ(糊置き)。木綿の上に型を置き、木べらで左右へ1回づつ糊をひき、1枚1枚積み重ねてゆく。糊はふのりにベントナイトを混ぜたものを使用。
③染め入れ。砂まぶしの木綿束を簾に移し、染料のこぼれを防ぐため、模様に沿って糊を絞り出し、模様のふちに土手を作る。
④糊の土手の内、あるいは外に染料を流し込み、同時に機械で吸い込ませて染料を下まで通す。何度も染料を吸い込ませてから、クルリとひっくり返して裏側からも同じ作業を繰り返す。
⑤水洗い。工場内に引き込まれた工業用水を使用して機械で水洗。そのあと脱水機にかけ水気を飛ばす。フリキリという。
⑥干場へ。ダテと呼ばれる高所へ登って干す。少ししめり気があるうちにダテから降ろす
⑦ミシンをかけてつなぎ、機械にかけて1巻に巻く。タイコに巻くという。
⑧もとのタタミ仕上げに直す
⑨10枚づつ2つ折りにしてローラーに通す。これで、のり付したようにピンと仕上がる。以前はこの工程は打ち屋と呼ばれる別の作業所が引き受けていた。砧打ちでつやを出し、しわを取って仕上げるのであるが大変な作業であった。
⑩1枚1枚丁寧に裁断
このようにして手拭は仕上げられる。
スクリーン染め
現在では水を使わず、きれいに染められる「スクリーン染」が開発され、水を使う従来の注染はやがて消え去る運命かもしれません。しかし、注染の味わいを熟知しているものにとっては、いくらきれいに染まっても、スクリーン染の手拭、浴衣では満足できないことは確かでしょう。
明治の手拭い
手拭は、名もない職人によって下絵が描かれ、名も残らぬ職人の手で染められ、高級なものでもわずか30銭(普通の手拭は10銭程度)で売られていた、まったくの日用品でした。これこそ真の庶民芸術と言えるのではないでしょうか。

※この項は「庶民の芸術 手拭 浮田コレクション(染織と生活社出版)」より抜粋・加筆したものです。

注染手拭いの作成方法や使用上の注意点はこちら

Copyright2011 Kawabata,Inc. All Right Reserved